Online store

オンラインストア

image0 (6).jpeg

アロマオイル

自然の中で生きている植物は日々周りの影響を受けているので

天候により環境によりその年により成分が少し変わっていく

その揺らぎが精油の良さでもあると思います

 

そしてブレンドを入れる瓶はアンティークのものが多く歪みの幅が広いです

使えないものも実は結構あったりするけどそういうものほど惹かれる良さもあり

ガラスが厚すぎて中の容量が少なすぎるものや

入り口が曲がっていて栓ができないもの

こういうのは全て私の手元に残って揺らいでいます

 

オイルの瓶はどれも少しずつ形のずれがあるし

色味も写真とは同じではないものもあるけれど

お手元に届いた瓶を大切にしてもらえるととても嬉しいです

 

また戻してもらえれば詰めなおしてお手元に戻ります

その時は違う瓶になるかもしれないけれど

言っていただければ同じ瓶でお詰めします

image1 (4).jpeg

アロマクリーム

精油の成分は植物によって多種多様

複雑なものもあり

まだまだわかっていない微量成分もあって

私たちには知り得ない豊かさがそこにあります

 

未知の部分を知る楽しさもあるけれど

 

秘めている可能性があるほうが魅力的に感じます

image2 (2).jpeg

フレグランス

パリに行った時にフラゴナール香水博物館に寄りました

今では人口香料の香水も昔は全て自然の植物から作られています

娘はそこで香水と言うものにとても興味を持ち

精油で香水を作って欲しいと話したのが

1つのきっかけとなり香水を作ることになりました

香水も薬草も食物も植物からの恩恵だとつくづく思います

そしてそれがまだ未知の時に

手探りで研究し今に繋がっていることに感謝とも言える温かさを感じます

全て天然精油なので香りは強くなく持ちも良くありませんが

もし自分のために使うものなら強い香りは必要ありません

自分のためにお使いいただく香りです

image0 (7).jpeg

ミスト

5感のうち嗅覚だけが本能の脳へ直接繋がっていて

考えることをする前にまっすぐに心に入ってきます

 

だから香りは言葉を必要としないで

気分を上げたり気持ちの落ち込みから

瞬時に意識をずらしたりすることができます

 

母が入院している時 母が好きな香りのミストを作りました

精油を5種類ブレンドしたミスト

母はそれをとても気に入ってくれて病室でよく使い

看護婦さんからもその香りについて色々と声をかけられると言って喜びました

 

母は家に帰ってからもその香りをよく使いそのあと同じ香りを何本も作りました

 

人の好きな香りはそれぞれ 好きな香りは喜びをもたらす

もし好きな香りとの出会いがあったらそれはとても嬉しいです

image1 (5).jpeg

キャンドル

炎はなぜかいくらみても見飽きない

不思議な魅力があります

自然の作り出すあの揺らぎ

その前では言葉もなくなります

キャンドルをつけている時は炎で癒され

ついていない時は

香りを楽しんで下さい

image0 (8) (1).jpeg

パーソナルブレンド

多くの人が手にとってくれる

通常のブレンドは

好まれやすい香りのブレンドにしています

 

パーソナルブレンドは自分だけの香りなので

まだ気づいていない

今必要な香りに出逢い

複数が重なりあった時の

自分だけが纏う香りをお作りします

image2 (3).jpeg

試香セット

香りを感じるのは素直に心のままに

それでいい

 

だからこそその香りを言葉にするのはなかなか大変

言葉として伝わった香りと

感覚として受け取った香りとは 

ずれが生じるし 人によって感じ方も違います

なので直接ブレンドを香って欲しくて

アロマオイルの香りのセットをお作りしました

精油の名前の先入観を捨てて

まずは自分の嗅覚で感じてください

image4.jpeg

木箱

木も植物 精油も植物

どちらも私たち人間が

手に触れたら豊かになれると思って

使わせてもらっているけど

強さと癒しをそなえているのは植物そのもの

 

相通づるものを

内と外で植物は感じるだろうか